男性ホルモンの注射治療について

男性ホルモンの補充治療は塗布剤か注射のどちらか

男性ホルモンの補充治療は塗布剤か注射のどちらか | 保険治療が認められており注射は月1回 | 初めての補充治療には注射がお勧め

男性ホルモンの補充治療は塗布剤治療か注射治療のどちらかの選択になるのですが塗布剤治療は毎日、塗布する必要があり、かつ塗布剤自体が高価なので(現在は市販薬で2000円から4000円位)月一回、通院して済む注射治療の方が楽と言えます。
現在では男性更年期障害は保険治療が認められていますので、泌尿器科やクリニックによっては内科でも実施してくれる所もあり、一回で1000円から1500円位です。
一般的には月に一回ですが、調子が悪かったらいつでも来て下さい、と言ってくれますので月一回にこだわる必要もありません。

今日は男性ホルモンの注射の日です💉

僕みたいなのは定期的にしないとホルモンバランスが乱れて体によろしくないんですねえ👍🏽

治療始めて
・声が低くなってきたり
・毛が濃くなったり
・筋肉質になっていったり
するのはほんまに嬉しかったですね。


そんなん思い出してんと #ブログ書け

— やまだ👶🏽♀→♂🌈旅好き (@yxyxyxyxyxy514) March 10, 2020
但し男性ホルモンの補充は筋肉注射ですので、少し痛いです。
これはドクターから聞いた話ですが目で針が皮膚に刺さるのを見ていると実際以上に痛く感じるので、見ないようにしたほうが良いそうで、実際にそうしてみたら確かに痛さは減りましたので是非、お試し下さい。
また男性ホルモンであるテストステロンの補充治療は、前立腺がんを引き起こす副作用が有り定期的に血液検査で兆候を調べる必要があります。
この定期的な血液検査が必要という点からも月一回、通院するのは、より良い選択と言えます。
私は現在は塗布剤治療を行っていますが半年に一回、血液検査を受けに通院しています。

男性ホルモン「注射」男性ホルモン注射